So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

八王子駅前~相模湖駅前

 6月2日(日)晴れ


前回の歩きから、訳あって約2ヶ月空いてのスタートです。


今回も天候に恵まれ八王子駅前通りを8:00にスタートしました。


IMG_6261.jpg

日曜日の朝8:00ではまだ、人はマバラな甲州街道



IMG_6264.jpg

真っ直ぐな街道筋を歩くと現代の建物の中に歴史を語る建物が一つ



IMG_6266.jpg

2キロ程の真っ直ぐな道が此処、追分で右へ陣馬街道と左は甲州街道に分かれる



IMG_6267.jpg

追分から15分くらいかな?散田一里塚跡は12番目



IMG_6269.jpg

昭和天皇陵が造営される前までは多摩御陵と呼ばれていたそうだ。信号機には多摩御陵入口と・・



IMG_6275.jpg

小仏関所跡



IMG_6277.jpg

関所と隣接の本陣跡




IMG_6278.jpg
中央本線が走る赤レンガのガード



IMG_6279.jpg

歩き始めて3時間峠の入口、車が通れる道が終わり峠越えに入る




IMG_6280.jpg
キツカッタ登り、やっと小仏峠に



IMG_6281.jpg
峠の一角に明治天皇御休憩跡の石柱




IMG_6286.jpg
峠から1時間ほどで小原一里塚跡、塚はこの上とあるが中央高速が有り一里塚は残って無い



IMG_6289.jpg
小原の関所跡



IMG_6292.jpg
関所から100メートル小原本陣が在る



IMG_6293.jpg
関所を過ぎて旧道に入り えんどう坂を下ると線路際に、相模湖駅は直ぐそこだった



IMG_6294.jpg
街道に出て駅前の交差点で今回は終了です。13:45とは早い終了ですが病み上がりって事で。



前回歩き終えて数日後に人生初の痔になりました。大豆程のものがポッコリと

この年でなるとは爺痔ならぬ イボ痔、病院にも行かず市販の薬を試すが効き目無く

ほっといたら何時の間にか治ってました。

これこそが人体が持つ”痔癒力”ってやつですかね。



大幅に遅れを取った甲州街道、次回から気合を入れて歩きます。






nice!(14)  コメント(3) 

甲州街道を仙川~八王子宿

   4月6日(土)晴れ


 前回、仙川一里塚跡を目前にしてout 本日の体調は絶好調!!

8:45 スタートです。

IMG_6171.jpg

仙川一里塚跡(5番目) なかなか目にしない一里塚跡スタートしてから数十メートルで遭遇


IMG_6172.jpg

瀧坂旧道の石柱に馬宿川口屋と刻まれている。


IMG_6173.jpg

金子のイチョウ 太4,09(雄)細1,97(雌)と説明板 寅の眼には細い方が分からなかった。


IMG_6179.jpg

西光寺 門前に近藤勇の像が鎮座 甲陽鎮撫隊のゆかりの地。


IMG_6182.jpg

染谷不動尊 金銅阿弥陀如来像は新田義貞が鎌倉攻めの時の守仏とした。


IMG_6191.jpg

府中高札場跡


IMG_6194.jpg

府中問屋場跡 現在は酒屋さんのようです。高札場跡と真向かいの位置


IMG_6196.jpg

仙川から歩き布田5宿、府中八幡、そして此処は府中番場宿跡


IMG_6202.jpg

谷保村秋葉常夜灯、常夜灯もなかなか目にしません。



IMG_6209.jpg

日野の渡し跡碑 今ではモノレールまでも多摩川の上を渡っています。


IMG_6213.jpg

日野宿、 問屋場、高札場跡


IMG_6216.jpg

竹の鼻一里塚跡 八王子駅へは目と鼻の先、駅前で本日のGOALとします。


16:30 駅前に到着、ここまでは平たんな道なのに体調万全にしては思っていたより

遅いペースの25Kでした。

次回、是より先は山道を行く事になりますが、絶好調を維持していきたいと思います。



甲州街道は、一里塚跡が東海道のように多くは無く一寸寂しいですね。

それに、街道の並木にはイチョウの木が!!



nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

甲州街道を日本橋~仙川

 昨年12月に東海道五十三次を終え、約4ヶ月ぶりの街道歩き今回は

甲州街道に決めました。



IMG_6129.jpg

3月31日 桜満開の日本橋をPM8:30スタートです。


IMG_6130.jpg

日本橋2丁目から桜通りを通り抜け、東京駅構内を進み濠端へ向かいます。



IMG_6132.jpg

外堀、和田倉門前に着き堀に沿って行く


IMG_6133.jpg

堀を渡る皆さんは乾門へ向かう人達です。信号が変わる度、どの橋もこんな感じです。


IMG_6140.jpg

堀沿いを半周して半蔵門、この門は甲州街道に直結。内藤新宿を目指します。


IMG_6146.jpg

途中、四ツ谷駅を過ぎると足元を江戸の鼠が横切るが石川五右衛門なら動きが鈍すぎ


IMG_6150.jpg

追分だんご、並んでいたので此処はパスしてここから明治通りに入る。

とっても美味しいんだろうね!!だから、お客さんが追分(多い訳)


IMG_6151.jpg

塩硝蔵跡地、弾薬を官軍が奪取し上野彰義隊や奥州平定に使われたとか。



IMG_6153.jpg

宗源寺にある高井堂と呼ばれた不動堂が有りその云われからこの地を高井戸となったようです。




IMG_6154.jpg

上高井戸1丁目から旧道に入る




IMG_6155.jpg

旧道から甲州街道に合流して京王線仙川駅に近い昌翁寺に14:30 out駅前の桜の下で休んで帰宅

疲労困憊 今日は脚に随分来てるので此処までにします。


日本橋を発って内藤新宿、高井戸宿を経て仙川村まで20Kまさに五里夢中(五里霧中)でした。


東京には色んな人が居る 芦花から千歳烏山の間で道路工事中の交通整理員の人で通行人に声掛けを

踊りながらカメラマンのしぐさで『お姉さん飲みに行かない』逃げて行くお姉さんに言ってました。








nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

GOAL三条大橋

 12月14日 曇り


 早朝、新横浜から新幹線で米原 それから東海道本線石山駅へ向かうが

岐阜県に入ると先方の山々が灰色の垂れ幕を被せたように見えず嫌な予感は他所に

近江国は曇り空の下 石山駅前10:00のスタートです。


IMG_6007.jpg

石山駅を発って膳所城勢多総門跡までに一里塚跡有ったはずだが見落としてしまった。




IMG_6010.jpg

武家屋敷の門をお寺に移築 膳所六門の一つだそうです。




IMG_6011.jpg

膳所城天守閣かと思いきや市民センターのようでした。



IMG_6013.jpg

義仲の墓と一緒に芭蕉の墓もあるそうですがいったい芭蕉の墓は何か所あるんでしょうか?



IMG_6016.jpg

逢坂山碑、京都弁で逢う坂を『おうさか』と読むのですね。



IMG_6019.jpg

逢坂山関所跡



IMG_6017.jpg

大津絵とは何ぞや? 無知でした。




IMG_6020.jpg

関所を抜ければうなぎ屋さんばかりの街道筋




IMG_6026.jpg

一つ前の歩道橋を間違えて井筒屋さんの前に、店内で生八つ橋とコーヒーで一服を取り元に戻る




IMG_6028.jpg

追分、難所のようで車石が敷かれていたと。




IMG_6030.jpg

やっと京都市に踏み入れた。




IMG_6031.jpg

五条の別れ って物語でも或るのかと思ってたら地名なんですね。




IMG_6033.jpg

栗田口刑場跡、廃止された明治維新までに15000人が処刑され明智光秀もその一人だそうです。



IMG_6035.jpg

龍馬、おりょうの結婚式場跡



IMG_6043.jpg

GOALです。感激です。三条大橋です。此処が駅伝発祥の地です。



IMG_6047.jpg

大橋の先に三条小橋がありました。そこに弥次喜多さんが




IMG_6050.jpg

15:00頃の三条大橋から比叡山の方向中央の木の横から虹がでていました。



昨年の9月からスタートした五十三次の旅、1年と4ヶ月、実日数28日

当時の女性が東海道を歩くには25日とか、それよりも遅いスピード女性にも劣る


車の旅では気がつかなかった事、この歩き旅で良く知ることができました。

例えば地域文化、風習の違いから家屋の造りまでもが違ってるのに気付かされます。

勿論、食文化の違いなどは敏感に感じ取れます。


関西は商人の文化を採り入れ 関東は武士の文化を採り入れた生活のスタイル

変わらないのが西へ行っても 東に行っても土地土地のお兄いさん、お姉いさんが

とても親切で優しい人達でしたね!!


                   



nice!(26)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

53次大津宿へ


 11月17日 (土) 晴れ


 昨夜の宿、草津エストピアホテルから石部駅に戻り8:20 琵琶湖に向かってスタートです。

IMG_5874.jpg

駅から街道に出ると西縄手



IMG_5877.jpg

旧和中散本舗 旅に持ち歩く薬をここで足してたのかな和中散・・・いい薬です。




IMG_5878.jpg

本日最初の一里塚跡は117里、六地蔵一里塚跡




IMG_5879.jpg

明治から続く『里内呉服屋』さん




IMG_5880.jpg

手原醤油屋さんは地元の名士らしき人物のようです。




IMG_5881.jpg

鈎の陣所・・・陣を構えた足利九代将軍義尚が六角氏討伐中25歳で病死





IMG_5883.jpg

瓢箪の産地か? 何故、タイヤの付いた馬と牛が




IMG_5884.jpg

目川一里塚跡




IMG_5885.jpg

田楽発祥の石碑  八丁味噌の三河が本場かと思ってました。




IMG_5891.jpg

此処に来るまでの途中、老牛馬養成所跡碑を過ぎて宿場へ入る道が工事中の為、一般道を直進

トンネル手前アーケード街の中山道へ入って数百ⅿ中山道を歩き本来の草津宿追分に到達




IMG_5892.jpg

草津宿本陣




IMG_5893.jpg

道潅蔵 今回は多くの酒蔵を見かけます




IMG_5894.jpg

野路一里塚跡




IMG_5896.jpg

立場跡



IMG_5897.jpg

月輪池一里塚跡、120番目で残すは後4つ いつの間にか大津に入っていたようだ





IMG_5900.jpg

日本三大古橋の一つ『瀬田の唐橋』 琵琶湖に着きました。



唐橋を渡りその先、東海道本線石山駅まで歩き本日の旅を終え 次回は最終の地

三条大橋へと参ります。






nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

土山宿~石部宿

 11月16日(金) 晴れ


スタート場所まで、今日が一番長い移動距離で大船駅、小田原駅、米原駅、草津駅と乗り換え貴生川駅に着き

駅前からバスで新前野下車、頓宮の里に来て9:40 京まで残りわずか さぁ~スタートです。 


IMG_5831.jpg

頓宮の里・・・天皇が京から伊勢神宮に向かう途中に宿泊の為に仮宮(行在所)を設営

       した場所のようです。



IMG_5833.jpg

本日最初の一里塚跡は市場一里塚跡で江戸からは111番目



IMG_5835.jpg

松並木だったそうだが残っているのはほんの僅か



IMG_5839.jpg

50番目の宿場町、水口宿へと入ります。



IMG_5840.jpg

今郷一里塚跡



IMG_5844.jpg

江戸口見附跡、冠木門なんて在ると嬉しいね。




IMG_5845.jpg

高札場跡



IMG_5847.jpg

三筋の町とあるが3本の道は城への進攻を防ぐためであろう。旧東海道は真ん中の道



IMG_5849.jpg

水口林口一里塚跡



IMG_5851.jpg

街道蔵 美冨久酒造 



IMG_5853.jpg

泉一里塚跡



IMG_5856.jpg

大沙川隧道とあるが川など見当たらなく隧道の上に弘法杉が一本、以前は2本杉だったとか



IMG_5860.jpg

北島酒造、水口宿に入ってから造り酒屋は確か3軒目



IMG_5862.jpg

是より石部宿



IMG_5868.jpg

石部本陣跡



IMG_5869.jpg

田楽茶屋 17:00残念ながら定休日か? 



IMG_5872.jpg

本日の最終地、石部駅に着いたがどうも石部一里塚跡を見過ごして来たらしい

石部には宿が無くこれから草津へ向かいます。

宿場町に宿が無いなんて なんでやねん!!




本日の昼食はソウルフード、素焼き焼きそばの有名店『谷野食堂』で素焼き(大)を注文

大の量がイメージより少なく食べてからもう一度、同じものを注文しました。

ソース焼きそばに慣れているとシンプルな味の素焼きやきそばがとても美味しかったです。


















nice!(22)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

関宿~土山宿

 10月26日(金) 曇り


初めてのロッジ宿泊、テレビが無く出前の夕食弁当を注文、届くまでの間

にこの旅で一番良いお風呂を頂き寝たのが8時半頃で一番早い就寝時間でした。


 朝風呂を頂き朝食を食べてた時にはまだ小雨が降っていたが出発する時には

雨も上がり、厚い雲は薄く、山の霧もだんだん消えて無くなり天気は歩くには上々。


IMG_5743.jpg

8:30 さあ、関宿 西の追分からのスタートです。


IMG_5744.jpg

30分ほど歩いて本日最初の一里塚、一ノ瀬一里塚跡は107番目


IMG_5745.jpg

坂下宿に入り小竹脇本陣跡


IMG_5748.jpg

鈴鹿峠越えの入口


IMG_5749.jpg

鈴鹿流薙刀発祥の地とは鈴鹿山中に


IMG_5750.jpg

芭蕉の句『ほっしんの 初にこゆる 鈴鹿山』


IMG_5751.jpg

峠にきたようです。


IMG_5752.jpg

国境、近江国に入ります


IMG_5754.jpg

山中一里塚跡と鈴鹿馬子唄石碑(坂は照るてる 鈴鹿はくもる あいの土山 雨が降る)

憶えやすいフレーズです。


IMG_5760.jpg

土山宿碑は道の駅の裏側に


IMG_5761.jpg

伝承文化館


IMG_5762.jpg

土山宿一里塚跡は110番目


IMG_5767.jpg

本陣跡、問屋場跡


IMG_5774.jpg

頓宮交差点、バス停は新前野、石碑には『斎王の里 頓宮』



この地、甲賀市を寅は今まで『こうが』と言っていましたが表示のローマ字に『こうか』

連れもこうがの認識、知らなかったぁ~!!

一つ、旅の甲賀があったのかもネ。



14:30本日の終了です。


地元のあいくるバスで高速土山サービスエリアまで行き高速バスで近鉄四日市駅

まで後は近鉄、新幹線、JRと利用

此処まで来ると行き帰りの交通手段に苦労する。


濱の寅作 甲賀迷子歌

『朝はやく あいには来たが 楽しむと 帰りの便に 苦労する』





















nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

庄野宿~関宿

 10月26日(金) 前回に続き14:00以降、宿が見つかる所まで・・・


前回は和田一里塚跡までの投稿でしたのでその先を行きます。

IMG_5722.jpg

和田一里塚跡から40分程で江戸口門跡へ



IMG_5723.jpg

樋口本陣跡



IMG_5724.jpg

高札場跡の立て札が折れて地べたに置いてあるのが悲しいね・・・




IMG_5725.jpg

亀山宿石碑



IMG_5727.jpg

京口門跡




IMG_5729.jpg

野村一里塚跡は日本橋から105里




IMG_5731.jpg

高速道路高架下に4宿の絵





IMG_5733.jpg

関宿への入口




IMG_5734.jpg

小萬のもたれ松と書いてあるが松の木が無い




IMG_5735.jpg

関宿東の追分で一里塚でもある




IMG_5736.jpg

いい雰囲気を醸し出してる宿場町です。




IMG_5737.jpg

御馳走場跡とあるが料理を提供する所ではなく高貴な方を役人が出迎える所だそうだ。




IMG_5738.jpg

川北本陣跡




IMG_5739.jpg

復元された高札場跡がいいね!




IMG_5740.jpg

宿場の家並みが終わると西の追分、17:00 町にはチャイムが鳴り渡る


IMG_5742.jpg

運良く山の斜面に『関ロッジ』が見えたので本日の宿を取る事にした。




石薬師、庄野、亀山、関と歩いて来たが街道松並木が無くなっていたのがとても残念でした。

だが、関宿場町に入るや真っ直ぐな道に格子戸の家並み、タイムスリップしたかのような光景が

とても良かった。


いよいよ終盤、明日は鈴鹿峠越えであります。






nice!(16)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

四日市宿~庄野宿

 10月26日(金) 快晴


 今回は東海道線一番電車で小田原へ小田原駅6:05発ひかりを利用

追分駅前を8:50スタートになりました。


IMG_5683.jpg

スタートして40分ほどで此処は杖衝坂


IMG_5687.jpg

坂道に芭蕉の句『徒歩ならば 杖つき坂を 落馬かな』


IMG_5689.jpg

今日、初めての 采女一里塚跡は101番目


IMG_5692.jpg

石薬師、是より1,8キロに佐佐木信綱の50首が表示された『カルタ道』


IMG_5693.jpg

江戸時代の人かと思いきや1968年92才没、歌人、国学者だったそうです。


IMG_5696.jpg

小澤本陣跡にも2首のカルタ


IMG_5703.jpg

石薬師寺


IMG_5704.jpg

石薬師一里塚跡


IMG_5706.jpg

この道も東海道、松並木が欲しい所です。


IMG_5708.jpg

田んぼ道を過ぎると庄野宿へ入ります


IMG_5710.jpg

庄野本陣跡


IMG_5711.jpg

高札場跡、何件か先の床屋さんに問屋場跡があります。


IMG_5713.jpg

庄野宿、振り返れば短い宿場で900メートルのほぼ真っ直ぐな道


IMG_5715.jpg

中富田一里塚跡は103番目


IMG_5718.jpg

金次郎の顔が思っていた顔とは違うようだった


IMG_5719.jpg

和田一里塚跡、江戸日本橋より104里


本日、現在14:00 まだまだこの先17:00まで歩きますが、一応これまで



江戸から歩き始めて尾張国に入ってからは何故か松並木が見られず桜の木を目にするが

桜は桜で楽しめますが、寅的には『東海道には松並木がよく似合う』って

太宰治が言ってたっけ?



nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

桑名宿七里の渡し~四日市宿

 9月22日(土) 曇のち晴れ


昨日は宮の渡しから桑名まで電車で移動したので何だか七里得したような気分です

IMG_5635.jpg

桑名駅前のホテルを7:50 スタート


IMG_5638.jpg

桑名宿七里の渡し場跡


IMG_5639.jpg

徳川四天王と言われた本多忠勝の像



IMG_5642.jpg

川沿いにミニ東海道


IMG_5647.jpg

伊勢神宮常夜灯と里程標


IMG_5648.jpg

縄生一里塚跡は97番目


IMG_5649.jpg

当時は松並木だったのが近年桜並木に変わっていました。


IMG_5651.jpg

川を渡り四日市へ茶店の在ったところに力石27貫目(100㎏)が設置している。


IMG_5660.jpg

名残りの一本松


IMG_5661.jpg

三ツ谷一里塚跡、99番目


IMG_5668.jpg

アーケードの下を歩く旧東海道


IMG_5669.jpg

日永一里塚は100番目の一里塚跡、塚も榎も無く悲しい限り


IMG_5671.jpg

日永の追分、左は伊勢参宮道 右は東海道


IMG_5672.jpg

石薬師宿への入口 追分にて本日の歩きは終了いたします。



今回の歩きでも見どころが多くてブログに載せきれず申し訳ございません。

何分未熟者で写真や文章をどのようにまとめてよいやら毎回苦慮していますのであしからず。





nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。